スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型装備 改良品も有り  広報科より

CA3J1285.jpg装甲車を作ろうとして連邦軍から貸与されたので、ジープとして技研が改良しました。
CA3J1284.jpg炊具車1号です。 有事の際に隊員や被災者の方々に温かいご飯を提供することができます。
CA3J1289_201307301924314ab.jpg補給整備隊用の1t半トラックです。
スポンサーサイト

新人任官しました。

CA3J1290_20130730191811c25.jpg
左から整備隊・警察官・所属不明

旧東部方面即応中隊(特機隊前身) 武装活動死体事件 広報科より

この文章はかなり長くてつまらいと思いますが時間があるなら読んでみて下さい。(笑) 駄文と思った方は読まない事をオススメします。

主人公・俺(仮名)当時28歳 3等卓尉

今日はいつも通りに何も無い…  俺は小銃を肩に掛け直し自分の隊のトラックに乗り込んだ。利根川訓練場から東品川駐屯地までは片道1時間半程の道のりだ。トラックはひたすら細い山道を駆け抜けて駐屯地へ帰還の道を走った。さっきまでうるさかった車内もうたた寝する者も出て来た。うるさかった車内も気がついたら不気味と静まり返っていた。 平和な光景だな…と思ったその時!前方から「ガシャン!!!」という激しい激突音と共に衝撃で数人が車内に転がる。 俺「止まった…?」班長「けが人はいないか?」幸い誰もいなかった。班長「木子(キゴ)!福村!周囲の確認に行け!」 2人は勢いよく車外に出る。俺も幌を上げて周囲を確認した。間違いなく訓練場からの帰還の道だった。寝ていた隊員もビックリして車外を見回す。その直後、「うわぁぁぁぁぁぁぁ!!!」 俺「班長!!2人の声ですよ!!」 班長「3名で確認に行け!」 俺は小銃を構えながら他の奴と周囲を警戒しつつ前進。ハンドシグナルで行けの合図を出して確認に向かう。 見るとそこには4人の死体と血だまりがあった…。 俺「運転手達もか…つーか何なんだよ…何が起きたんだ?」 警戒しつつ運転席を確認。生々しい血痕がいたる場所に付着…2人分だしな。「先輩…やっばぃですよ。これ。うぇ、吐きそう…」「リバースなら警戒しながらにしろよw」 俺は内心焦っていた。工作員か?特殊部隊か?俺の思考はその二択を考えるのが精一杯だった。とりあえず、戻ろう! 急いで車内へ戻ろうとした その時! 「先輩!…あれ何ですか?!」 顔を向けるとこの世のものとは思えない人?のようなものが槍を持って佇んでいた。 俺「こちらは南智利斗國卓上自衛隊だ!そこで何をしている!?」規定通りにまずは警告。当然、応答はない 俺「武器を捨てろ!両手を上げて地面にうつ伏せになれ!」より大きい声で小銃を構えながら怒鳴る。緑のヘルメット?みたいな物を着用した気味の悪い奴はゆっくりとこちらに近づいてくる…{逃げろ!}俺の直感が教えた。 俺「威嚇射撃しつつ退却しろ!!車に戻れー!!」思わず怒鳴っていた。 幌から何人かが顔を出していた。俺「弾込めしろ!変なのが来るぞ!!」みんな慌ててマガジンを装填する。班長「各員警戒強化!奇襲に備えろ!」左隣にいた来嶋が奴からの槍の攻撃(メット貫通だと!?)を受け倒れる。「うわぁぁぁぁあ!!」俺はフルオートで奴の身体に7.62ミリ弾を喰らわせた。黄緑色の液体を噴出しながら奴は倒れた。 怪物と来嶋の確認に行くとやはり死んでいる。来嶋のドックタグを取って車内へ戻る。俺「班長、救援を呼びましょう。このままでは、危険です。」 班長「一体何が起きてるんだ…?たった10分で5人も殉職したんだぞ?救援を呼んでも犠牲が増えるだけじゃないか…。」 それから結局援軍を要請。1時間援軍を待ったが何か起きることは無く救援も問題なく到着し生き残りは全員助けられた。結局、隊員5名+怪物1名が死亡  公安事案になってしまい自衛隊は関与できず取り調べだけ強制された。

これは、松吉政権の前の代表。瀬圏白図(セケンシラズ)総理時代の事件で報告後すぐに隠蔽された。幕僚長や東部方面即応中隊に箝口令が敷かれた。 今になって公表された理由として幕僚長は「こういう特異事案は公表しないと万が一の事態に國民が対応できない。」として公表することを決定したとのこと。 実はこの国はオカルト大国なのであるww 

長々と呼読んでいただきありがとうございました。矛盾などあると思いますが、よければ拍手をw ダメだしはメールでお願いします。 

ここんとこ暇がなかった…ヽ(´Д`;)ノ  管理人より

土曜日あんまり行きたくなかった静岡に墓参り…気分が沈みかけた時に現れるのが自衛隊ですよねwww 御殿場のインター近くを走行中の10戦と書いた3t半無線モジュール(タンク牽引)と74式大型トラック(色あせver)に遭遇しました。その後、新東名に入ると自衛隊の廃車を輸送するトラックとすれ違いテンションMAX!!
そのまま墓参りをすっぽかして大井川鐵道の機関車を撮影しに走る 肝心の汽車は携帯に納めてませんwwCA3J1282.jpg

そして日曜日、親戚の実家へ送るために首都高を爆走。羽田でまた自衛隊とすれ違う!!それっきり現れず(T_T) そんなこんなで実家着。暇なんで中野ブロードウェイに行ってみる事に…。いざ進撃(笑) もちろんお目当てはLEGOですがww とても高い物ばかりでバイトをしてても変えないような値段な物もありました…。 無難な3150円の何かの冒険物とガチャのフィグ4体を購入して帰宅。 画像は近日中にUPしますのでお待ち下さいCA3J1287_20130729211725.jpg

勝利の道が爆発物設置 連邦警視庁より

CA3J1273 (3)勝利の道が設置したと思われる爆発物。(犯行声明付き)
CA3J1274 (3)爆弾を警戒しながら液体窒素防爆箱を設置する隊員
CA3J1276 (3)爆発物処理用のスーツを着用する隊員
CA3J1277 (3)爆弾を特殊な棒で持ち上げる隊員CA3J1278 (3)箱に収納!
CA3J1279 (3)フタを閉めて
CA3J1280 (3)車両へ載せる
CA3J1282 (3)収容完了!! 
CA3J1283 (3)車両で警察施設へ搬送し無事に解体しました。(26日午後9時現在)CA3J1284 (3)さぁ、重い装備を解きましょうか~
CA3J1285 (3)出てきたのは、まさかの松吉総理!?
CA3J1286 (3)すぐに逮捕。総理「え~…俺は街を救ったんだよー。なんでワッパ(手錠)されなきゃならねーんだよ!!(悲鳴)

本日午後7時30分頃市民から「歩道の真ん中に変なカバンが置いてある。」との通報があり警察官が出動したところ犯行声明と不審なカバンが置いてあることから出動装備3号(不審物対応)を身にまとった機動隊員が処理にあたっていたはずでしたが、何故か装備を解くと松吉総理が出て来るという前代未聞な事態が発生しました。これに対し高等警察隊長は会見で「本来あってはならないことで再発防止に努めたい」と述べた。 処理するはずの隊員は車両の中で縛られていました…。 以上、高等警察隊でした。


訓練中のちょっとした息抜き風景 広報科より

CA3J1299 (2)真ん中で音頭を取る単楽3曹 部隊のお茶目な存在
CA3J1298 (2)みんなで歌を大合唱(Blood on the Risers・空挺部隊の歌)
The risers wrapped around his neck,
connectors cracked his dome
Suspension lines were snarled and tied
in knots around his skinny bones
The canopy became his shroud,
he hurled to the ground
And he ain't gonna jump no more!
{日本語訳 歌詞}
胸にかけてた十字架が ぐるぐる絡まり首しめて 落下傘があいつの死装束 もう二度とは跳べない
CA3J1297 (2)
永井中隊長と9攻即の副長も一緒に合唱している。訓練中の息抜き風景でした~ 以上、広報科でした。

松吉総理 閣議会議から再び脱走 連邦警視庁より

CA3J1276 (2)白バイ警官の制止を聞かず
CA3J1277 (2)背負い投げして
CA3J1278 (2)盗んだバイクで追い回される~
CA3J1279 (2)総理「うわ!!危ねぇ!!」
CA3J1280 (2)ブレーキ間に合わず事故るパトカー
CA3J1282 (2)「至急、至急。警ら201から本部。先刻の総理脱走事案については機動隊の増援を要請します、どうぞ!」
CA3J1283 (2)すぐに機動隊がバリケードを築き上げた!
CA3J1284 (2)フェンスを弾き飛ばし突破・・・
CA3J1285 (2)警備車に突撃!!
  総理のその後が気になる方は下へ↓

続きを読む

新人警察官配属のお知らせ 連邦警視庁より

CA3J1296_20130723205811.jpg
本日2名の新人警察官が着任しました。彼らは街頭警戒用の新制服を着用しています。

智利斗國への特別貸与車両の紹介  広報科より

CA3J1273_20130723204849.jpg右からウォーホース・カチューシャ・89式軽装甲車・テラ(TERA)(大和重化学工業傘下企業が製造する大型トラック) が今回の貸与車両です。
CA3J1274_20130723204846.jpgカチューシャ(智利斗仕様)を視察する総理と幹部連中と説明する19警戒隊長

連邦軍との合同演習の様子を紹介します 広報科より

本日の演習の様子を長々と綴りましてございます。 見たい方は是非時間のある時にご覧下さい。

やってくれたよ総理…(怒) 陸防省より

CA3J1276.jpg先月の領空侵犯の事案の件を謝罪する連邦軍幹部
CA3J1279.jpgその後は思い思いに過ごす あれ?総理がパイロットに話をしている
CA3J1281.jpg嘘でしょ!? 総理「ちょっと飛んでみるわー!!」 幕僚長間に合わず
CA3J1283.jpg話しを聞いただけなのに戦闘機を飛ばす総理CA3J1286.jpg19警戒隊に狙われる場面も
CA3J1287.jpg着陸体制に入る
CA3J1289.jpg着陸直後すぐに幹部が総理を確保 呆れる幕僚長
CA3J1290.jpg土下座をして謝罪する幕僚長と幹部隊員
CA3J1292.jpg何食わぬ顔でパイロットと話す総理を恨む幹部隊員2名CA3J1293.jpg即決購入を望む総理 まだ開発中なので売ってもらえず。
興奮冷めやらない総理の続きを見たい人は下の続きへ↓

続きを読む

上級幹部による会談 広報科より

CA3J1273.jpg真ん中が連邦大統領。内容はお伝えできませんが責められています。(卓自幹部に)
CA3J1274.jpg会談中の様子
CA3J1275.jpg今回連邦軍が卓自の国際活動教育隊の司令部として制作してくれた司令部総合庁舎です。

第一次演習 開始!!!

CA3J1246_20130722201246.jpg
CA3J1247_20130722201249.jpg
CA3J1248_20130722201251.jpg
CA3J1249_20130722201254.jpg
CA3J1250_20130722201256.jpgぅん?だんだんカオスな状況になってきましたね~CA3J1253_20130722201535.jpg突然、連邦軍所属の航空機がまさかの…というかまた墜落
CA3J1252_20130722201532.jpg連邦軍の航空機の墜落の風圧により上空を乱舞していた航空機が一斉に墜落!!CA3J1258.jpg救出活動中の卓自隊員
CA3J1255_20130722201527.jpg破損部品をハーフダンプに収容

続きを読む

大規模演習を実施!! 総隊司令部より

CA3J1244_20130722200401.jpg連邦の首脳郡が観閲台より査閲
CA3J1245_20130722200403.jpg総合庁舎の屋上から閲兵する連邦の幹部方々
CA3J1243_20130722200359.jpg整列する連邦軍と国際活動教育隊・特殊機甲中隊
CA3J1242_20130722200356.jpg
CA3J1240_20130722200354.jpg前よりが連邦軍 後ろが卓上自衛隊の訓練特別派遣部隊

本日午後一番で卓上自衛隊と連邦軍で実践的な合同演習を行いました。

明日、連邦軍との大規模な合同演習

明日午後一番で大規模な合同演習を実施することを連邦軍と総隊司令部で決定しました。CA3J1253_20130721213434.jpg
連邦に派遣準備に急ぐ隊員ら

今頃ですが 松吉明和総理について 内務省より

1957年生まれの36歳  妻・元内務省官僚32歳
史上最年少の若さで総理大臣に就任した。ちなみにアフロは自毛である。
      
・一党独裁で「國民共進党」が國の運営を行っている。 一党独裁という響きは悪いが実は國民からの公平な選挙により各議員が決まる。 松吉総理は國民立候補者として2度当選し1度目は内務大臣として入閣。大臣時代はやるべき事はしっかりやっていた事が國民に大きく影響した。 2度目の立候補で他の議員に大差をつけて圧勝した。大臣選挙でも圧倒的に國民から支持を受けて総理大臣に就任した。
前任の総理は連邦からの指示には頭をペコペコ下げて、國民には無理難題を押し付けた。任命から半年で強制更迭され議員資格と選挙資格を失った。現在は所在不明で高等警察隊が違法献金容疑で元総理の行方を追っている。

勝利の道の幹部を薬物取り締まり法違反で逮捕

CA3J1240_20130718211832.jpg高等警察隊の刑事に連行されて行く勝利の道幹部
CA3J1242_20130718211835.jpg連行されて行く被疑者
CA3J1243_20130718211838.jpg
本日、警察官に職務質問された男性が突然土下座しながら「ごめんなさい、打ちました…。」と述べた為に警察官が薬物取り締まり法違反で現行犯逮捕した。 取り調べに対し男性は「薬物は本部内で栽培していてそれを使っていた」と述べた。

哨戒機2機での警戒活動開始! 広報科より

CA3J1254_20130718210134.jpgちょっと前に導入した「伝書鳩」OH-10 哨戒・偵察ヘリコプター
CA3J1253_20130718210131.jpg今回新たに導入したP-6。対潜等の監視・情報収集の任務を行います。
CA3J1252.jpg2機を並べて見ました。
この2機がこれから智利斗國周辺海域等の哨戒任務にあたります。水陸両用なので幹部などからかなりの期待がされています。

国教と9攻即が訓練後に車両の見学を実施 総隊司令部

CA3J1244_20130718204735.jpg
CA3J1245_20130718204738.jpg
CA3J1247_20130718204740.jpg説明を受ける9攻即隊員ら
CA3J1248_20130718204743.jpg説明を受ける国教の隊員ら
CA3J1251.jpg通信隊に配属された女性幹部自衛官を一目見ようと集まる隊員ら
CA3J1249.jpg近距離対空ミサイルシステムを見学する国教の隊員ら

本日、演習終了後9攻即と国際活動教育隊の持ち回り装備品の相互展示を行いました。特に通信隊に配属された小島3尉を一目見ようとたくさんの隊員が集まりました。今夏の連邦軍との大規模な演習のためにお互いの部隊を知っておこうという理由で行われました。 以上、総隊司令部でした。

先月の領空侵犯の機体が判明 総隊司令部より

飛行ルート(連邦軍より提供)
先月17日智利斗国の防空識別圏を飛行していた国籍不明機の正体が判明しました。
レゴネシア民族連邦の新型開発中の戦闘機で防空監視隊のレーダーに識別不能と表示された原因は識別信号を変更していたのを我が國に通達し忘れていたことが原因だと判明しました。 これに対し後藤幕僚長は連邦軍に対し再発防止と事後の報告書を提出するように求めました。 以上、総隊司令部でした。

東部方面ヘリコプター分隊 解隊予定のお知らせ 総隊司令部より

東部方面ヘリコプター分隊は水陸両用哨戒機導入のために現在の部隊名から「東部方面遠征航空分隊(仮)」へ名称を変更する予定です。CA3J1234 (4)主に対潜の監視・情報収集の任務を行います。Pー6機体全景
CA3J1233 (4)整備中の新型哨戒機

国際活動教育隊 東部方面隊隷下から独立か? 司令部より

CA3J1232_20130714202854.jpg
卓上自衛隊東部方面隊隷下の「国際活動教育隊」について本日、連邦軍と陸防省幹部が会談し「国際活動教育隊を連邦軍の1部隊として智利斗国で管理してほしい。」という旨の発言をしました。これに対し、陸防省幹部は「時期を見極めて検討させていただきたい。」とし保留としました。

そもそも卓自の国際活動教育隊という部隊は「国際世界の人々が平和に暮らせ有事の発生した国の再建を手伝い{平和構築}の一翼を担い、国際平和に少しでも貢献する」という理念で組織されている。また、連邦の国土防衛の任務も担っているので9攻即よりも任務は重責だと言われている。
                      
                       ・国際活動教育隊について・
・国際平和に貢献するための部隊であり攻撃を主任務としていない。
・海外での有事の際、邦人救出作戦を行うことを前提として創隊された。しかし、時代の流れによって部隊が改変され現在の形になった。
 という感じで国教は今も必死で防衛活動を行っております。 とりあえず、総隊司令部でした。

新人隊員12名+1名入隊! 医師も増員!

CA3J1230.jpgついに巡衛艦の乗組員を採用!国教との見極め方は帽子ですw
CA3J1229.jpg国際活動教育隊の5名の新人です。
CA3J1236_20130714200545.jpg救命救急隊の新人職員も増員しました。手前の男女が新職員です
CA3J1231_20130714200554.jpgt卓上自衛隊では初めての女性幹部自衛官 右平原3尉(右・巡衛艦)と小島3尉(左・国教) 二人は陸防大学の同期である。
本日、卓上自衛隊東部方面隊では13名の新人隊員を採用しました。国際活動教育隊・巡衛艦乗組員を大幅に採用し、部隊の拡充を行いました。 彼らはこれから3ヶ月の過酷で厳しい訓練を受けます。なお、国教に配属された隊員は智利斗本島から転向してきた隊員の為に国教独自の訓練を受けることになる。 なお、1名に関しては秘密事項なので公表できません。ご了承下さい。 以上、広報課でした。

卓上自衛隊のミステリーな歴史 土島沖行方不明事件

1987年当時の第68航空隊(現・東部方面ヘリコプター分隊)の乗員7名を乗せたヘリコプターが土島沖で突然、中央管制室のレーダーから消息を絶つという事故が発生した。すぐに救助隊が現場海域に急行したが乗員も機体の残骸も発見することが出来なかったという。その数日後に警備用のゴムボートが哨戒中に海面にフライトレコーダーを発見!本部に持ち帰り解析すると奇妙な音声が入っていたという。 これがそのやり取りです。
機長…機 副長…副 隊員…A フライトレコーダー…フレ と表記します。

機「ブロッケン1、CO(管制センター)オクレ!」しかし、管制センターに声は届いていた。 
副「応答しませんね。故障でしょうか?」
機「そんな馬鹿な。飛行前まで格納庫にいたんだぞ?」
副「しかし…ん?あれは何でしょうか?2時の方向600メートルです」
機「うぉ!すげぇ!え、何あの光?お告げ?w」
副「え…何かヤバくないですか…。変ですよ!!」
機「CO!!こちらブロッケン1!土島沖にて特異現象発生中!おぃ!聞いているのか!?」
副「機長ここはマズイですよ!変針しましょう!非常事態宣言しましょう!」
機「そ…そうだな。ブロッケン1からCO!オクレ!こちらブロッケン1!…クソ!繋がらねー!なんでだ!」
A「機長!右翼側に島があります!」
機「何!?この海域の島はとっくの昔に海の底のはずだ!!」
副「油圧がドンドン落ちています!不時着しましょう!!」
機「後で、問題にならんといいが…」
副「何呑気なこと言ってんすか!!死ぬよりマシでしょうが!!俺まだ、家に3歳の息子と嫁いるんですから帰りますよ!」
機「分かった!降りるぞ!」機「陸見えた!行くぞ!」
一同「うわぁーーーーーー!!!!!掴まれーーーー!!」 
フレ「ピュイーーーーゴーーードォーーーーーン ザーーーーーー」   

というのが発見されたフライトレコーダーの墜落?直前からの記録でした。 そもそもこの海域の島は機長の言う通り、とうの昔に海の底だった。しかも、この事件の後からこの海域では行方不明事件が多発。漁船、航空機あらゆるものが消えた。これに対し智利斗国は卓上自衛隊の訓練海域として徹底的に海上封鎖を行った。結果、表面上事態は解決したが原因や消息は未だに謎のままである。

不穏な動きを見せる勝利の道 連邦警視庁より國民の皆様へ警戒強化のお願い

CA3J1254.jpg
CA3J1255.jpg
CA3J1256.jpg
本日、「特定危険過激派勝利の道」が決起集会?(絶対に字を間違えてる)を行いました。この集会で総代長が「國民を巻き込む無慈悲な大闘争を行う必要がある!」と述べており連邦警視庁では動向を注視するとともに國民の皆さんに不審物・不審者を発見した場合、速やかに警察へ通報するようご協力お願いいたします。 以上、連邦警視庁高等警察隊でした。

卓上自衛隊の歴史 広報科より

卓上自衛隊は1947年3月に「防衛予備隊」として創設されました。当時は治安維持活動の延長という名目であったために予算は警察以下の低予算で隊員に払う給料がなかったこれに困った幹部隊員は闇金等に借金をしていたという。その後、1952年ミクロ諸島奪還戦争を機に内閣議会で「防衛予備隊に予算を足して装備、人員の拡充をはかるべきだ!」と意見が続出した。すぐさま予算が調整されてあっという間に借金は返済され装備品も更に拡充した。 これを境にどんどん新型装備が支給されていった。
しかし1956年、軍拡化を反対していた{人民平和党(現・勝利の道)}が旧防衛省に手製のロケット砲を発射した(被害・微)これに対し連邦警視庁は全力で人民平和党を潰し解散させた。
1963年国土防衛のための法律が整った。こうして出来た卓上自衛隊のモットー{精鋭無比・無慈悲}という言葉が誕生した。
 
    とりあえず本日はココまでにしておきます~

国際活動教育隊 国際派遣の為に徒手格闘訓練 広報科より

CA3J1238_20130712120001.jpg訓練の全景
CA3J1239_20130712120003.jpg背負投をされる隊員 技ありですかね~
CA3J1240_20130712120006.jpg副隊長に投げ飛ばされる衛士長 (ナイフ対徒手)
CA3J1241_20130712120009.jpgこっちではナイフ対ナイフで訓練中
CA3J1242_20130712120011.jpg智利斗ニュースが特集の為にロケを実施中

続きは下へ↓  訓練崩壊?編

続きを読む

試作型巡衛艦 建造順調・・・ではない!! 広報科より

巡衛艦
工事は順調に進んでおらず完全に行き詰まってしまいました。(管理人の技量不足の為) 主武装は完璧なんですが、副武装に関してはとても悪い状態でしばらく検証しないといけませんねー…。 

終わったーーー!!!!  総隊司令部より

本日午前、ついに忌まわしき嵐「期末テスト」が過ぎ去りました! 払った犠牲は多すぎるがそんな小さいことは気にしない!w 当分は自由だZE~!www
万歳
ていうことで、過去のコメは消去します。

何も更新しないのはちょーっと嫌だったんで 部隊の紹介を

卓上自衛隊東部方面隊東品川駐屯地には
・東部方面総隊司令部…司令隊業務をしています(東部方面防空監視隊は司令部隷下)
・第9攻撃科即応大隊…即応展開に特化した部隊です(かなりのエリート集団です)
・第605警衛隊…要は警務隊です
・第19防空警戒隊…領空を低~中で侵入する航空機を撃破するのが主任務です
・第512整備補給隊…支援科に所属し主に車両類の整備、施設建造などが主任務です
・東部方面ヘリコプター分隊…航空機を使用した哨戒、攻撃たまに救難が主任務です
・特殊機甲中隊…対市街地戦闘に重点を置き戦車を保有しない我が國にとっては彼らは頼もしい部隊である
・国際活動教育隊…世界平和の為に我が國の技術や支援を行うことを主任務とした部隊です
(総隊予定)・水際障害中隊…水際で敵を食い止め攻撃するのが主任務の予定です

この他にも部隊はありますが智利斗本島の部隊の為所属のみ紹介します
・第72情報統制通信隊・第36後方支援大隊・第16対戦車小隊・第34攻撃科連隊・第5戦闘混成団・東部方面遠征航空隊・第702整備補給隊
以上が、この國の防衛をしている各部隊です。
プロフィール

卓上自衛隊 東部方面隊総隊司令部

Author:卓上自衛隊 東部方面隊総隊司令部
ようこそ卓自東部方面隊総隊司令部へ!
自己満足で活動などの紹介をしております。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。